ガチャガチャラボ
powered by 日本ガチャガチャ協会
ガチャガチャ・ガチャの歴史

2月17日は「ガチャの日」です。なぜガチャの日かを解説するよ

1965年2月17日に創立したペニイ商会(現:株式会社ペニイ)が日本のガチャガチャの発祥となっています。
そのペニーキングカンパニー社長であるLO Hardman氏こそが、日本カプセル玩具誕生への貢献者です。もしペニイが日本にガチャガチャを導入しなかったら、今のガチャガチャ文化はなかったかもしれません。そのため、ペニイの創立した2月17日が「ガチャの日」となりました。
2020年2月17日は、ガチャガチャが日本に導入された55周年を迎える記念日です。
ガチャガチャ・ガチャポンラボ所長のオノーちゃん( @GachaOnoo )です。

    ガチャガチャを愛するすべての人達へ

今回は、「ガチャガチャを愛するすべての人達へ」のテーマで、小野尾勝彦 & アンドレア リッチソンさんで、アメリカでのガチャガチャの誕生と日本へのガチャガチャ導入までのお話をしていきます。
その前にアンドレア リッチソンさんの紹介をしていきます、
アンドレア・リッチソンさんは、ニューヨークの作家であり文化研究者です。彼女は2003年に大学生として初めて旅行で日本にきました。彼女はガチャガチャの自動販売機に非常に興味があり、彼女は昼食のお金のほとんどをガチャガチャに費やしました。彼女はまだこれらのガチャの宝物を持っています。数年後、彼女は日本とガチャガチャの文化と歴史について勉強し続けています。彼女はすぐにでも日本にまた来たいと思っています。 Instagram: gachapontoys

     bulk vending (バルクベンディング)とは何なのか?

「バルク販売は、選別されていない菓子、ナッツ、ガムボール、おもちゃ、ノベルティをランダムに選択し、一般に非電動式の自動販売機で販売するものです。」アメリカではガチャガチャのようなマシンをバルクベンディングマシンと
呼んでいます。

   イントロダクション:LOハードマン氏のこと

彼の偉業はほとんど知られていませんが、ペンシルベニア州ピッツバーグの「ペニーキングカンパニー」のオーナーであるレスリー・O・ハードマンは、米国の玩具バルクベンディングビジネスの進化とその国際的拡大に多大な影響を与えました。彼はアメリカのバルクベンディングマシンビジネス界の巨人でしたが、おそらく最も重要なことは、日本におもちゃのバルクベンディングマシンを導入したのはハードマンの努力でした。ハードマンのたゆまぬ労働理念、創造的な革新、ビジネスの洞察力、そして新しい文化への開かれた心は、日本でのカプセル玩具の誕生を促進しました。この貢献は、日本初のカプセル玩具会社「ペニイ商会」とカプセル玩具産業の急成長の第一歩になりました。2020年2月17日カプセル玩具の歴史の55年を迎えて、本日、ピッツバーグでの慎ましいスタートから、日本初のカプセル玩具起業家である「ペニイ商会」の兄弟重田隆三と重田哲夫との運命的な出会いとキャンディディストリビューターとして、ハードマンのユニークで感動的な物語を見ていきます。
LOハードマン
L.O.ハードマンは、「ペニーキングカンパニー」(2538 Mission St. Pittsburgh Pennsylvania)と呼ばれる、ピッツバーグを拠点とするバルクベンディングビジネスおよび新規製造会社の社長でした。 ハードマンは、1933年に包装キャンディーおよびバルクベンディングマシンの販売代理店として、バルクベンディング業界のリーダーになる道を歩み始めました。彼は1台のトラックを所有し、2人の労働者を雇いました。従業員には、壊れたマシンを修理するための配達ドライバーサービスマンが含まれていました。
2538 Mission St, Pittsburgh, PA 15203 アメリカ合衆国
         [Via Billboard Magazine Jan 9 1965]

           1、ペニーキングカンパニーの始まり

1936年、「ファイブandダイム」(5セントと10セント)ショップ(「子供用品」の小さなキャンディー、おもちゃ、コミック、学校用品を販売するショップ)への配達中に、ハードマンはプラスチックセルロイドの魅力的な商品を発見しました。それらは、「ボストンビーンズ」と他の小さなキャンディー箱と一緒にプロモーションのオマケとしてパッケージされてました。キャンディディストリビューターは、クラッカージャックス(オマケのおもちゃが詰め込まれた「キャラメルコーン」で有名な菓子ブランド)に対抗するため、シルクの紐に取り付けられた小さなプラスチック製のチャーム付きのお菓子をパッケージにして販売をしておりこれらは、子供たちがお菓子をたくさん購入するようにオマケ商品として付けられていました。
彼は、漫画のキャラクター、野球選手、かわいい動物達、これらのカラフルなセルロイドで出来た魅力的なチャーム商品が日本で作られ、子供たちの間で非常に人気のあるコレクター商品になりつつあることを知ります。 チャームが市場に登場する以前は、子供たちは有名なキャラクター、アスリート、映画スターの印刷されたブロマイドを集めてました。 この日本製のチャームが日米の玩具販売業界の誕生にとって重要な発展キーポイントなりました。日本は、バルクベンディングマシン用の最初のおもちゃのオマケをアメリカに向けに製造していたのです。その技術力は25年以上経って今も日本の独自の「ガチャガチャ」ビジネスを立ち上げ、高品質のバルクベンディングマシンから搬出されるコレクションカプセルトイのグローバルリーダーになります。

  2、日本のプラスチックチャームはアメリカのベンデ ィングビジネスの起業家達をを刺激します

1930年代ガチャ1930年代、日本で製造されていたチャーム
ハードマンはすぐに、これらのプラスチック製のセルロイドグッズの魅力的商品が競合他社のバルクベンディングマシンに導入されていることに気付きました。オペレーターは小さなおもちゃのシルクの紐を切り取り、ガムボールや他のナッツやキャンディーと混ぜて販売していました。ハードマンは、新しいビジネスチャンスを見て、日本からこれらの小さな可愛くて不思議な魅力的なチャームを輸入することに投資することを決めました。これらの魅力ある商品をバルクベンディングマシンに入れることは、子供たちの間で即座にヒットするであろうと考え、彼のビジネスを非常に迅速に成長させることになります。
ハードマンはクォリティーを考える人でした。彼は自分のビジネスとオペレーターが最高品質のバルクベンディングマシン、アイテム、サービスを提供することに誇りを持つことを求めていました。 Hardmanは1949年にBillboard Magazineで述べています。「バルクベンディングマシンは私たちのお店に沢山置かれています。マシンは徹底的にクリーニングされており、程よくチャームの数量が供給されています(マシンに400個)が、もっと時間があればチャームをもっとよい場所に導入できます」と

      3、ペニーキングのビジネスの成長

ハードマンはペニーキングカンパニーをベンディングビジネス帝国に拡大し、すぐに業界のリーダーになりました。非常に尊敬されているビジネスマンであり、全国自動販売協会(NBVA)の有力な役員でもある彼は、コンベンションやビルボードマガジンで頻繁によりよくする為にバルクベンディングビジネスのノウハウを共有しました。自動販売協会(NBVA)の有力な役員でもある彼は、コンベンションやビルボードマガジンで頻繁によりよくする為にバルクベンディングビジネスのノウハウを共有しました。ハードマンは、バルクベンディングマシン業界の成長にとって競争し切磋琢磨することは大切であり、高品質の製品と一流の機械を使用することの重要性を支持しました。
https://nbva.org/ ナショナルバルクベンディングアソシエーション(NBVA)

これらの高い基準とハードワークにより、ハードマンは1942年までにバルクベンディングの売上を3倍にすることができました。彼はパートナーに最高の品質を提供するだけでなく、店舗、食料品市場、コインランドリー等に新規設置する為にハードマンは設置交渉のテクニックをビルボードマガジンで伝えました。「見込みのある場所に足を踏み入れ、マシンをカウンターの上に置き、店主に簡単な操作計画を説明します。その場所にはまったく投資もいらないし、書類に署名する必要がないという事を伝えます。所有者がまだためらっているなら、「リスクがないのに 何故⁉︎ 試さないのですか?」

  4、米国ミニチュアトイメーカーの登場

残念なことに、第二次世界大戦で、日本ではおもちゃを輸出を出来なくなったため、ペニーキングカンパニーを含むガムボールとおもちゃのバルクベンディンダーは、1940年代半ばから後半に米国でバルクベンディングトイの製造を開始しました。これらのミニチュア玩具の人気のサイクルは2ヶ月でした。玩具メーカーは、子供たちの興味を引き付けて、コインを使うために新しいデザインを考えなければなりませんでした。 オペレーターは新しいアイテムの不足、およびそれがバルクベンディング業界の持続可能性にどのように影響するかを心配していましたが、ハードマンは世の中でバルクベンディングマシンがより一般的になり、多様性と品質が高まるにつれて魅力的になり、人気が高まると予測していました。それが本当になっていきます。

 5、 リアルなチャームではないミニチュアのおもちゃ

1945年までに、ニューヨークのクイーンズのカール•グッゲンハイム、ニューヨークのロングアイランドのサミュエル•エピー、ニューヨークのポールA.プライスのオーナー達がレスO.ハードマンのペニーキングカンパニーと同じように新しい製造工場を作りました。これらのメーカーは、キャンディーや身に付けるチャームの販売に専念することから脱却したいと考えていました。「チャーム」とは呼ばれてはいましたが、これはよくある誤った呼び名でしたが、実際にはミニチュアのおもちゃでした。 これらの企業は価格と技術革新で互いに勝負しようとしたため、競争は激化しました。
ペニーキングカンパニーが成長する一方で、ハードマンのビジネス計画も成長していきました。1949年、ハードマンは米国で5000台のキャンディーとトイバルクベンディングマシンを設置しました。彼の自動販売機の99%はビクター社製でしたが、後に彼のビジネスが成長するにつれて他の機械に切り替わります。 ハードマンは、海外に工場を設立しようと考えていたため、成長している国内ビジネスを任せるべくペニーキングカンパニーのヘッドマネージャーとしてマーガレットケリー夫人を雇いました。

            6、  ペニーキングのトップ従業員

ペニーキングカンパニーのマネージャーであり「ファーストレディ」であるマーガレットケリーは、ハードマンと非常に緊密な関係を持ち、同社の最大の理解者であり、最大の擁護者でした。バルクベンディング業界で非常に尊敬されている人物である彼女は、ペニーキングカンパニーを代表する報道機関でしばしば引用され、全国自動販売協会の隔年会議での積極的なメンバーでした。彼女はハードマンと海外進出の決定を特に支持し、彼がプエルトリコと香港に工場を設立するのに何ヶ月も費やしていた時、彼を競争相手や批評家から守りました。ハードマンが海外進出をする間、マーガレット・ケリーはペニー・キング・カンパニーを経営する責任がありました。

   7、収益性を維持するために海外に目を向ける

競争力を維持するために、ハードマンは1951年にサンファンプエルトリコに工場を開設することを決定しました。彼は「Hardfield Corporation」という名前でこの会社を運営していました。25,000平方フィートの工場は200人を雇用していました。工場には、金型、射出成形機、金型製造用の金型工場と電気メッキ部門がありました。ペニーキングは当時、2種類のプラスチックを使用していました。明るい、透明なチャーム用のポリスチレンと、銀または金のメッキカバーチャームのアソートです。この時点では、Hardmanはメッキを使用して高級ジュエリーの外観を再現したチャームの作成に重点を置いていました。
         [Via Billboard Magazine July 16 1955]

         8、人気のバルクベンディングカプセル玩具の開発

1952年までに、ペニーキングは15,000台以上のガム、キャンディー、玩具のバルクベンディングマシンを米国とカナダで設置していました。これらのマシンは、年間5億個以上の玩具商品を販売していました。しかしこの時、業界は少し低迷していました。ハードマンは、1952年の玩具のバルクベンディングビジネスについて語った。「バルクベンディングビジネスを成長させる事に苦しんでいます。バルクベンディングは良いビジネスですし、私は、バルクベンディングビジネスが残ると信じています。」ハードマンは、彼の玩具チャームデザインの特許を取得した数少ない人々の一人でもありました。革新を非常に真剣に求めて、Hardmanは常に自分のおもちゃのデザインを改善しようとしていました。ハードマンは、実際に使用できるミニ方位磁石の開発に興味がありました。開発するために、ハードマンは日本のおもちゃメーカーと協力して、バルクベンディングマシン用の鏡付きミニ玩具方位磁石を開発し、彼はアメリカ初ミニ玩具方位磁石を発売しました。
         [Via Billboard Magazine Dec 6, 1952]

   9、 世界最大のミニチュアチャームのセレクション

OAK社ベンディングマシン
1954年、ペニーキングカンパニーはオークマニュファクチャリングカンパニーの販売代理店となり、有名なオークベンディングマシンの販売を担当しました。 この販売ネットワークは、将来的に彼自身のバルクベンディングマシン製造会社を買収するというハードマンの関心を高めました。
1959年は、ペニー・キング・カンパニーのハードマンとマーガレット・ケリーにとって非常に大きな年でした。この時点では、これらは「世界最大のミニチュアチャームの工場」であり、すべての広告に印刷されています。また、Penny Kingの販売は、King Features Syndicateのライセンス権を確保して、ファントム、プリンスヴァリアント、フラッシュゴードンなどの人気コミックキャラクターをフィーチャーした調整可能なおもちゃの指輪、ロケット(ペンダント)、ボタンを作成することで後押しされました。 チャーム製造でのすべての成功にもかかわらず、ハードマンはバルクベンディングマシンへ製造の拡大を望んでいました。
King Features Syndicate
        [Via Billboard Magazine April 17, 1954]
         [Via Billboard Magazine April 17, 1954]

10、ペニー・キング最初のカプセル「シュアロック」を発表

 

機械の詰まりを防ぎ、アイテムを清潔で衛生的に保つために、ペニーキングは最初のガチャカプセル「シュアロック」の販売を開始しました。 1954年にSamuel Eppyがカプセル容器を開発する前は、キャンディとプラスチックのおもちゃは、バルクベンディングマシンの中で一緒に混ぜられていました。アイテムのサイズと自動販売機構の違いは、頻繁に詰まって壊れてしまうことを意味したため、これは機械工とオペレーターに多くの頭痛の種を引き起こしました。カプセルの導入により、安全で清潔で均一な形状が提供され、その中に自動販売の宝物が封入されました。 #2762411の下で特許を取得したルイスS.ハスキンズが1956年に設計したペニーキングの特別なデザインは、ハードマンのプエルトリコを本拠地とする会社Hardfield Corpに譲渡されました。このカプセルのおかげでマシンからの搬出トラブルが無くなり、それは、バルクベンディングビジネスでの優位性を獲得しました。
               [Via US Patents]

 

11、ペニーキングカンパニーが「Atlas」バルクベンディングマシンメーカーを買収

 

ペニーキングカンパニーは、1セントと5セントのコンビネーションベンダーのメーカーである、クリーブランドオハイオに本拠を置くAtlas Manufacturing&Sales Companyを買収しました。 ハードマンは常に自分のビジネス投資を賢明に選択し、品質と製造基準が自分の厳しい要件を満たしたバルクベンディングマシン会社を買収したいと考えました。1959年にBillboard Magazine マーガレットケリーはピッツバーグペニーキング本社に営業部門を移しましたが、ハードマンは製造スタッフを移動させず、工場を現場のまま稼働させました。 1959年4月にイリノイ州シカゴで開催された全米ベンダー協会で新しい自動販売機をデビュー。ペニー・キングは、商品補充と清掃を簡単にするために、ガラス球の上部から補充できる新しいマシンを発表しました。
         [Via Billboard Magazine February 1961]

 

                  12、ハードマンが香港と日本へ

 

1940年代後半から1950年代初頭に世界経済が発展したため、ハードマンの会社であるペニーキングを含む一部のメーカーは海外に工場を設立し始めました。国内の競合他社が自分の玩具のアイデアを盗み出し、商品を送り香港でコピーしているという疑いが出ました。ハードマンはこれはしょうがない事でこの問題をさらに調査することを決定し、1959年に香港と彼のビジネスパートナーを訪ねて、自分の工場を設立できるかどうかを確認しました。彼はそこで何ヶ月もかけてチャームをデザインしました。彼は日本と香港で高いレベルの職人を見つけ、彼らのおもちゃには「素晴らしい匠」があり、アメリカでは得られないユニークな魅力ある商品作る能力があると確信しました。
          Photo via [Billboard Magazine]

 

      13、ハードマン氏と重田兄弟

 

1950年代の日本と香港への旅で、ハードマンは過去に自分と協力しておもちゃやカメラをアメリカに輸入していた重田龍三と重田哲夫と働き始めました。ハードマンは、カプセル玩具の大きな魅力と大きな潜在的なビジネスチャンスについて説明しました。重田兄弟はハードマンと一緒に香港を訪れ、工場と営業所がどのように運営されているかを確認しにいきます。ハードマンと重田兄弟は、多くのビジネスミーティングとディナーの後、素晴らしい友情とビジネス関係を築きました。ハードマンは兄弟を指導し、彼らが日本向けの新しいおもちゃのバルクベンディングビジネスを立ち上げるのを手伝うことを申し出ました。 1965年、重田龍三は最初のおもちゃのバルクベンディングマシンを日本に輸入し、ガチャビジネスがはじまりました。

 14、輸入工場と海外工場が米国で論争を引き起こしている

この動きには論争がなかったわけではなく、Hardmanの海外進出は競合他社が気づき、批判されました。米国のミニ玩具およびチャームメーカーは、海外メーカーが提供する1個あたりの商品が低価格で勝てないと不満を述べました。彼らは、アジアの工場が自分達の工場を廃業させるだろうと主張した。ペニーキングのマネージャーであるマーガレットケリーは、ビルボードマガジンで「エディターへの手紙」を書いて、ペニーキングの弁護為に、ケリーは国内の商品は模倣品であると強調した。彼らは他のデザインを盗み、質の悪い商品を海外にコピーしていること、これらの偽造製品が、米国産業を破壊していると
この批判にもかかわらず、ハードマンは米国の国境を越え、おもちゃとバルクベンディングの製造を世界中に広めたかった。ハードマンは、工場を香港に移転するというビジネス上の決定を擁護しました。ペニーキングの魅力はハードマン自身の厳格なガイドラインの下でハードマン自身の工場で製造されたハードマン自身のオリジナルデザインであると言うことです。 彼は、1961年2月にビルボードマガジンに次のように語って、海外投資と日本の新しいビジネスパートナーを擁護しました。「海外事業は、長年にわたって他の業界でも行われています。アメリカの製造業者が製造する商品を外国の工場に持ち込むことは、まったく新しい考えではありません。ライセンス、契約、完全な所有権など、多くのの取り決めが行われています」

       15、指輪からミニチュア商品まで

 

1960年代初頭には、ハードマンのチャームデザインに新しい方向転換ももたらされました。ハードマンは、金属製のリアルなメッキのチャームやキャラクターの光るリングから、ミニ電話、哺乳瓶、ラジオなどのより多種ミニチュアグッズチャームに移行しました。彼はBillboard Magazineに、彼の会社は「日用品をバルクベンディングマシンに適したミニチュア製品に再設計しようとしている」と語っています。ハードマンはどこでも自分の新しいデザインのインスピレーションを見つけました。人々が実際のサイズを見ているのに慣れている現物に対して突然ミニチュアに現れる大きな魅力があると。子供達は透明ガラスのバルクベンディングマシンのケースの中を見て心を揺さぶられるのです。この時、ハードマンは年間30の新しいチャームデザインを作成していました。当時の人気の売り手は、「yak-yakの歯」、ミニ望遠鏡、虫眼鏡、ルーレットホイールでした。
Yak teeth
         [Via Billboard Magazine Dec 8, 1962]

 

16、カプセル自動販売機、ラウンドグローブからパネルボックス

1962年、ペニーキングはこれまでで最も収益性の高い年であり、間違いなく米国で最も成功し、影響力のあるおもちゃのバルクベンディングマシンメーカーでした。  [ハードマンのアジアへの投資は報われましたが、彼は会社が成長するにつれて、バルクベンディングマシンを日本などの海外市場に広めたいという欲求も高まりました。 1964年、ペニーキングはイリノイ州シカゴで開催された全米ベンダー協会中期会議で新しいバルクベンディングマシンを導入しました。ペニーキングの新しいマシンは、丸い形状からガラスの「ボックス」からパネルとクロムフレームのデザインに移行しました。これらの変更により、オペレーターは製品を変更し、必要に応じて個々の破損したパネルを簡単に修正できました。
マシン一台$ 18.95 USDで、250個のカプセルと段ボールのディスプレイ前面POPに商品をシュリンクしていました。白と赤のペイントモデルで提供され、ダイム、ニッケル、ペニーコインメカニズムで使用できます。これらのノベルティグッズチャームは、小さなリング、昆虫や動物のおもちゃをフィーチャーした5セントブランド名である「Eureka」ミックス、非常に詳細なブローチ、マウスピン、モンスターをフィーチャーした5セントの「Bule Chip」ミックスの3つの新しいカテゴリーに分類されました頭、トロール、毛むくじゃらの生き物、チェーン時計、キーホルダー、ミニプラスチックビートルズレコードなどの10セントの「Deluxe」アイテム、およびスケルトン、ミイラの頭、白ネズミをフィーチャーした10セントの「High Jinx」コレクションでした。

 

 17、ペニイ商会と日本のガチャガチャ市場の誕生

ペニイ商会
1965年までに、ハードマンは重田兄弟、重田龍三「ガチャガチャの父」と取引を始め、彼の兄弟重田哲夫は東京やその他の地域で玩具カプセル機を拡張しました。1965年2月17日に「PennySales Co. (JAPAN)Ltd」を立ち上げました。これは日本で最初のカプセル玩具のバルクベンディングカンパニーです。ピッツバーグに本拠を置くペニーキング社の一部門でした。
Oak社ベンディングマシン
重田龍三は、ハードマンからこのアドバイスを教示されました。
その1:母親に嫌われる商品を売るな。
その2:捨てる「銭=ゼニ」を集めるのが商売のこつ。
その3:高望みをしてはならない。(Midium Happiness)拡大超過は経費増。
1966年、ペニイキングはアジアのチャームの最大の輸入業社でした。 ハードマンは海外での時間の大半をチャーム制作の監督に費やし、ペニーキングカンパニーのマネージャーであるマーガレットケリー夫人は米国での販売を監督し、見本市に出席しました。
         [Via Billboard Magazine April 17, 1965]
         [Via Billboard Magazine May 13 1967]

            18、ペニーキングの最後の日と伝説

1970年代以降の数年間に何が起こったかについてはあまり知られていない。ハードマン氏は、バルクベンディングビジネスでの知名度が低下し、販売の減速、激しい価格競争、およびハードマン氏の体調不良の組み合わせがペニーキングカンパニーの閉鎖につながると考えられています。ビルボードマガジンの1970年2月21日の記事で、マーガレットケリーは、ペニーキングと20年働いた後に退職することを発表しました。彼女は、ペニー・キングもペンシルベニア州ピッツバーグのオフィスを閉鎖し、残りの在庫を清算すると述べました。
ハードマン氏は、過去20年間住んでいたプエルトリコにとどまり、アジアから多くの品目を輸入し続けると言われていました。ペニーキングカンパニーの悲しい結末にもかかわらず、ハードマン氏の遺産は今日も精神と名において生き続けています。東京葛飾区に拠点を置く「株式会社ペニイ」は、1965年に重田兄弟とハードマン氏によって設立された会社「ペニイ商会」に由来し、ペニーキングにちなんで名付けられました。今日まで、「株式会社ペニイ」は日本のガチャガチャ業界で重要な役割を果たし、歴史的な始まりだけでなく、進化し続ける未来を提供しています。
んじゃまた!!!
        [Via Billboard Magazine February 21 1970]
Extra Penny King Ads:
         [Via Billboard Magazine January 30 1961]
ABOUT ME
オノーちゃん@ガチャガチャ伝道師
(株)ユージンから26年以上ガチャビジネスを生業に 株式会社築地ファクトリー/代表 日本初ガチャガチャのコンサルティング会社設立/日本ガチャガチャ協会設立/ガチャガチャビジネスの歴史をサイトで書いております。ガチャに関するお問い合わせは、info@japangachagachalab1965.com